適切なタイミングで保険を見直せば家計のやりくりが楽になる!

損する? 得する? 保険の疑問

保険のかんたん用語集

【控除-こうじょ】とは

更新日:

税金の対象となる収入金額から一定額差し引くこと。


  • 生命保険料控除
  • 介護医療保険料控除
  • 個人年金保険料控除
  • 医療費控除
  • 地震保険料控除

などがある。

控除に関連する記事

保険の基礎
解約返戻金とは?仕組みを知れば解約タイミングが見えてくる

解約返戻金(かいやくへんれいきん)とは、保険を解約したときに戻ってくるお金のことをいいます。 解約返戻金は、保険料として支払った額が必ず全額戻ってくるわけではありません。解約返戻金の仕組みについてみて ...

保険の基礎
生命保険の一時金は一時所得となり税金がかかる

給与明細をみると健康保険や厚生年金の他に所得税や住民税といった項目があり、総支給額から引かれていることはご存じだと思います。 給与所得の場合には、会社があなたの代わりに税金の計算をしてくれているわけで ...

保険の基礎
一時払いでの保険料は格安でも一概にお得とは言えない

一時払とは、保険契約時に保険期間全体の保険料を全額支払うことをいいます。 一時払いにすると保険料は割安になり、払込満了まで毎月保険料を支払う有期払いと比較すると、数十万、場合によっては百万単位で保険料 ...

保険の基礎
一括払いとひとことに言っても実は2種類ある保険料の支払い方法

少し高い買い物をしたときに分割払いか一括払いかを指定することがあると思いますが、保険契約でも同じように保険料の月払いや年払いが分割払い(都度払い)、保険料を最初の一回ですべて支払ってしまうことを一括払 ...

保険の基礎
受取人で差が出る生命保険金の額

生命保険に加入するときに決めなければならないことの一つが受取人です。 受取人は死亡保険金や満期保険金、解約返戻金でも指定する必要がありますが、いずれにおいても受取人の違いで受け取れる保険金額や返戻金額 ...

保険と税金
【はじめての保険料控除】控除申告書の書き方と保険料控除を最大限に生かす方法

生命保険等に加入し保険料を支払っている場合、支払った保険料の全部または一部を所得控除として所得金額から差し引くができ、これを生命保険控除といい、生命保険控除申請をすること税金負担を軽くすることができま ...

保険と税金
保険加入で相続税を節税!きちんと計算計画的に

相続税とは、被相続人(亡くなった人)の財産を受け継ぐ場合に発生する税金のことをいいます。 生命保険においても保険料負担者と被保険者が同一で被保険者が死亡した場合の死亡保険金には相続税が課税されることに ...

保険と税金
満期保険金額を110万円にして贈与税を非課税に

贈与税とは、個人から財産を受け取ったときにかかる税金です。 保険においても保険料負担者と受取人が異なる場合に保険金や解約返戻金を受け取ると贈与とみなされ贈与税の対象となります。 保険料負担者と受取人が ...

保険と税金
保険料負担者と受取人が同じときは所得税と住民税が課税される

満期保険金や解約返戻金を受け取る場合に保険料の負担者と受取人が同じであれば、一時所得となり所得税や住民税の課税対象となります。 ただし、一時払養老保険を解約して受け取る解約返戻金については、源泉分離課 ...

保険と税金
【金融類似商品は確定申告が必要?】保険の中にある金融類似商品と課税

「満期保険金を受け取るとき、契約者と受取人が同一の場合には一時所得として課税の対象になり確定申告が必要だと思いますが、保険金を受け取る際、すでに課税分を引かれていました。確定申告はしなくてもいいんです ...

注意書き

保険は、人生の中でも最も高い買い物の一つです。約款や保険商品内容についてよく吟味し、わからないことがある場合は、プロに相談することをおすすめします。

保険選びは難しいと考えているあなたに

保険の見直しと選び方 1

生命保険への新規加入や、すでに加入している保険の見直しをしたいなと考えてはいるものの、「どの保険を選べばいいのかわからない…」と悩んでいませんか? 万が一のときに十分な保障を得られることはもちろん、長 ...

保険の見直しと選び方 2

テレビCMや保険屋さんからの電話などを受けて、ふと「あの保険どうだったかな?」、「保険の見直しってどう考えればいいのかな?」というようなことありませんか? 気付けば、保険の更新の時期が近付いていた。 ...

-保険のかんたん用語集

Copyright© 損する? 得する? 保険の疑問 , 2021 All Rights Reserved.